<   2006年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧
笠地蔵の謎
『かさじぞう』。
日本一有名な昔話のひとつではないかと思います。

大晦日に、新年に備えて里へ笠を売りに行ったじーさんが、
結局ひとつも売れずにトボトボと家路についた道すがら、
雪に埋もれた地蔵を憐れに思って笠を被せてやったら、
真夜中に地蔵が食い物やら金銀財宝やらを山ほど持って
恩返しにやってくるという、アレです。

大晦日に笠売っても、そりゃぁ売れねぇだろうと思うんですが、
まあ、そんなことはさておき。

恩返しとはいえ、地蔵が橇(そり)引きずって家までやってくる時点で、
相当恐ろしい光景のように思われますが、
それを怖がるどころか有難がっているじーさんばーさんの
図太い神経というか、厚かましさもさることながら。

私が気になって仕方が無いのは、
この地蔵たちが、そんなにたくさんの貢物を、
いったい何処でどうやって調達したのか、ということでございます。

だって……地蔵ですよ。
某消費者金融のCM(古っ!)のごとく町に繰り出していって、
果たして物を売ってもらえますかね?
普通の人は、多分逃げます。
変装したって、さすがに地蔵じゃあバレバレじゃあなかろうか。
だれか人間に頼むという手もありますが、
頼まれてくれる人間が居るかどうか……。
普通、逃げられます。
もしくは、見なかったことにされます。
まあ……私なら、面白いので引き受けますが(笑)。

しかし、仮に上記のような問題を、
なんらかの手段でクリアできたとしても。

も う 店 は や っ て な い で し ょ ー よ 。

なにしろ笠売りのじーさんが諦めて帰ってきちゃったんですから。
残念ながら、地蔵軍団は、閑散とした年の瀬の人里をうろついて、
なんの収穫も無く、すごすごと帰途に着くしかないわけです。
……じーさんんと同じじゃないか……。
それ以前に、金なんか持ってないだろう、地蔵(笑)!!

しかし、なんとしても心優しいじーさんに恩返しをしたい、心優しい地蔵。

とはいえ、いかな有難い地蔵といえど、なにもない虚空から
ホイホイと鯛だの米俵だの金銀財宝だのを
出してこられるとも思えません。

はてさて。
じゃあその貢物はいったい何処から?

これはもう、きっと追剥、強盗、悪事の限りを尽くして
掻き集めたに違いない(笑)!!
目の前を通りすがる罪も無い旅人から大根を掻っ攫い(何故大根)、
罪も無い里人の大切な正月用の鯛を奪い、
じーさんの家へと向かう道々、罪も無い人々の家を襲って
米俵や鏡餅や門松を巻き上げ、大判小判をざっくざっくと強奪し、
それはもう、筆舌尽くしがたい悪行の数々。

それはまさに、恐怖の極悪地蔵略奪団。
地蔵たちの通った後は、死屍累々、阿鼻叫喚の地獄絵図。

そして、無事、じーさんに恩返し。

地蔵の恩返しに素直に喜ぶじーさんばーさんの陰では、
大勢の罪も無い人々が泣かされているわけです。
ひょっとして、じーさんばーさんも、一夜明けた新年の朝、
表へ出たら、まるで戦の跡かのようなその惨状に、
喜びも束の間、気が触れるか、ショック死するかもしれません。

おいおい、だれも幸せにならないじゃないか。
……な、なんて恐ろしい話なんだ、『かさじぞう』……。
(恐ろしいのは私の頭の中だ。)



人気blogランキング

あああそういえば……。
[PR]
by zbeat | 2006-10-27 00:49 | オカルト
ミス・ゾンビ
トップ絵を変更。

e0085092_2233376.jpg


はい、皆様ご存知、Number 9でございます。

いやぁ、この方は、ゾンビ回随一の美女だと思います。
口が裂けてもなお、こんなにも美しい方を、私は知らない。

女たるもの、こうありたいものです。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-10-24 23:30 | リビングデッド、もしくはゾンビ
埋没するその腕を
それが目に留まったのは、多分、偶然だったのだと思う。
累々の屍に埋もれたそれに、僕は見覚えがあるような気がした。

特徴のある、手の甲の、蜥蜴の刺青。

屍の山の中に、それだけが覗いていた。

見間違いかとも思い、僕は屍を踏み越え、
それに近付いて、目を凝らす。

間違いない。
僕は、これを知っている。
とてもよく、知っている。

僕は、その、見覚えのある刺青を施した手を、掴んだ。
冷たかった。
あたりまえだ。これは屍体の手だ。

先に繋がる、よく知る人の屍を思い描きながら、
力いっぱいその手を引っ張る。

まるで手応えも抵抗も無かった。
勢い余って、僕は屍の上に尻餅をついた。

腕だけを、抱えていた。
肩から先は無かった。
僕は、よく知る人の、腕だけを、見つけた。


屍の山に埋もれた腕。


そのときの僕の気持ちは、安堵だったのか、落胆だったのか、
それとも他のなにかだったのか。
とにかく僕は、よく知る人の腕を抱えて、溜息を吐いた。

消息が判らなくなって、もう随分と経つし、
もはや連絡の付けようも(お互いに)無いから、
気にはかけていた。
けれど、ずっとその人を捜していたかといえば、それは嘘になる。
いつか会える、また会いたいと、
そんな淡い期待はしていたけれど。

捜していたわけではない。


今や特定のだれかを捜すという、そんな行為は無駄に等しいと、
僕は識っている。
皆、識っていることだ。

腕の中の、腕を見つめる。

どうして腕だけなのか。

少なくとも、刃物で斬り落としたわけではないようだ。
それならば、引き千切られたのか、喰い千切られたのか。
あるいは不慮の事故で腕だけを失くしたのか。
……この屍の山に埋もれていたのだから、それは考えにくいけれど。

この、よく知る人の、他の部分はどうなったのだろう。

死屍累々の何処かに埋もれているのか。
ゾンビたちの腹に収まったのか。
何処か別の場所で、隻腕のまま生き延びているのか。
ゾンビになっているのか。

そもそも、この腕を失くしたそのとき、
僕のよく知るその人は、生きていたのか、死んでいたのか、
それともゾンビだったのか。

なにも判らない。判りはしない。
僕が見つけたのは、僕のよく知る人の、腕。
ただそれだけ。


なにかの気配を感じた。
潜んでいたゾンビたちが、また戻ってくるのかもしれない。

こんな場所に長居は無用だ。
たとえ、よく知る人の腕を見つけたとしても。
なにしろ、僕が見つけたのは、腕だけなのだから。


僕は、腕の中の、よく知る人の腕を、放り投げた。


そのよく知る人の消息は、今も判らない。


                 退廃的な100のお題:鳥篭/お題配布場所



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-10-22 22:02 | リビングデッド、もしくはゾンビ
ゾンビの行進
最近、仕事を変えました。
勤務地も変わりました。

で。

新しい職場へ通うには、某私鉄某駅で乗り換えるんですけれどもね。

所謂通勤ラッシュとかいう時間帯にバッチリ通勤しているので、
なんていうかもう、乗換口の改札が豪い騒ぎになっております。
改札を抜けて、JR某線へ向かう通路も、豪い騒ぎです。

で。

なんだか知らないが、もう、皆様、歩くのがとても遅い!

まあ、改札が混み合うのは、機械(つまり自動改札)の都合なので、
致し方無いと思っております。
しかしね。
いくら人が多くたってね、もっと速く歩けるはずなんですよ。
だって、実際、私はもっと速く歩こうとして、
ゆっくり歩いてる皆様に突っかかって速く歩けないんです。
普段自分が歩く速度に合わないから、歩きにくくてしょうがねぇ。

まあ、これは、渋谷あたりや、新宿の南口でも思うことなんですが。

どんなに人が多くても、絶対にもっと速く歩ける。
皆様が1.2倍の速さで足を動かしてくだされば、
もっとサクサク歩みが進みます。
実際、新宿でも西口は、かなりの人ごみでも、
皆様サクサクと歩いていらっしゃいますよ。

なんであんなにゆっくり歩くのか。
不思議で仕方が無い。
いや京極堂に言わせれば、

世の中に不思議なことなどなにも無いのだよ関口君

なんだが(なんでここで関口君)。

もうなんていうか、毎朝なんでこんなゾンビの行進に
お付き合いしなければならないのかという、そういう気分です。
ゾンビは勿論愛していますけども、
ゾンビのようにのろのろと歩く人間は愛してません。
ていうか嫌いです。

現状としては、私は、とりあえず、
胡乱なるゾンビの群れを掻き分ける人間のように、
大変無駄な抵抗を続けております。
つまり、必死に、速く歩こうとしております。

しかしやっぱり、そのうちに私も感染して、
ゾンビの仲間入りをすることになるのでしょうか。

鬱です。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-10-20 23:05 | リビングデッド、もしくはゾンビ
保険金は貰えますか? 事例3
保険金は貰えますか? 事例1
保険金は貰えますか? 事例2

前回までは、自分もしくは家族がゾンビになった場合の
当人に関する生命保険やら傷害保険やらについてのお話。


今回は、それによる二次被害、二次損害についてのお話です。
つまり、ゾンビ化したお父さんのせいで、
お母さんや子供が怪我をしたり、第三者に怪我をさせたり、
あるいは家や家財や車やその他諸々、
物損が生じたらどうなるのか、ということです。
なんだかもう、ここまで来ると、
保険の専門家でもないと判らないような気もしますが
(いや専門家も判らんだろう)。

とりあえず、他人に怪我をさせた場合については、
もう、その方が加入している保険にお任せします。
知ったこっちゃありません。

ゾンビに襲われて怪我をするパターンとしては、
 1.ゾンビ自身による危害
 2.ゾンビに襲われ、防衛の為に応戦したことによる被害
 3.上記以外
が考えられるんでしょうか。
「上記以外」ってのはなんだよって話ですが、
例えば、逃げる最中に階段から転がり落ちて、 
頭蓋骨陥没骨折、とかなんとか、
そのような状況を、皆様ご自由にご想像ください。

そういえば、下記のような経緯。

 階段から落ちる
  ↓
 死亡
  ↓
 死体をゾンビがちょっとだけ齧って放置

このような場合、その死体はゾンビになるのであろうか……。

死人が生き返ってゾンビになったり、
ゾンビに噛まれて死んだ人間がゾンビになったりするのは、
それはまあ当然だが(当然なのかよ)、
ゾンビに喰い残された死体ってどうなのよ。
人をゾンビに変えるモノが、人体にどう作用しているのか、
それが判らないからなぁ…………。

しかし、階段から落ちて死んだ死体も、
そのまま放置されれば、勿論ゾンビになるわけで。
そうすると、ちょっとぐらいゾンビに喰われたからって、
ゾンビにならないというのも、それは変な話だ。
やっぱりゾンビになりますか。
……そうすると、喰われているその最中に、ゾンビになりそうですが。

喰っているほうがそれに気付いて喰うのを止めるのか。
それとも喰われているほうがそれに気付いて、
喰っているほうに止めろと言うのか。
それ以前に、止めろなどと、そんな意思表示ができるのか。
どうなんだ。気になる。

……今回もまた、話の腰骨が砕け散りました。
すいません、わざとです。
ていうか、自分でもなんの話がしたかったんだか、
それすらも、もうよく判りません(笑)。

ええ、そもそもゾンビ化、およびそれによる諸々の被害で
保険金が貰えるかどうかなんて、
そんな馬鹿げたことを考えている私が悪いんですけれどもね。

実際のところ、この怪我とか物損とかって、
べつに原因がゾンビでもゾンビでなくても、
関係無いですよね、多分。
寧ろ、故意か過失か、という点のほうが重要。
酔漢とかキレちゃってる人とか飛んじゃってる人とかも、
同じようなことをするし。

そう考えると、ゾンビってぇのは、
通り魔とか、家庭内暴力みたいなもんになっちゃうんでしょうか。
……それはそれで、なんか夢がないなあ……。
(ではいったいどうなら夢があると言うのか。)


そんなこんなで、なんともはや、えらいぐだぐだになってしまいましたが、
ゾンビ化と、それに伴う被害で保険金は貰えるのか、そうじゃないのか。
それはやはり、非常に気になるのでございます。
心底熱く、保険会社に訊いてみたいです。

でも訊きません。

変人と思われるのは、もう仕方が無いと諦めておりますが、
今のところはまだ、狂人と思われるのは勘弁願いたいです。

……しかし、余命あと2日とか言われたら、
訊いちゃうかもしれません。
というか、絶対訊きます(笑)。
狂人と思われようが、それもたった2日のことですからね。

そんなわけで、この疑問、死ぬ前の最期のお楽しみにでも
大切にとっておこうと思います。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-10-10 22:12 | リビングデッド、もしくはゾンビ
保険金は貰えますか? 事例2
保険金は貰えますか? 事例1

さて。

めでたく保険金が貰えると仮定いたしまして。
貰える保険金の種類はどうなるんでしょうか。

つまり、ゾンビ化した状態というのは、
死亡扱いなのか、後遺障害扱いなのか、
はたまたそれ以外なのか、てことです。

死んでるんだか、生きてるんだか、ゾンビ。

さりげなく、難しいところですよ、これは。
所謂心肺停止の状態ですから、死んでいるとみなされるのか、
自分の意思(と言えるのか?)で動けるわけだから、
生きていると見なされるのか。
仮に死んでるんだとして、じゃあ、臓器提供もできたりします?

……ゾンビの臓器を移植したら、どうなるんだろう。
移植された人間は、ゾンビになってしまうのか。
ゾンビに噛まれて、ゾンビになる前に、
うっかり脳死状態になって臓器移植されたら、
されたほうはゾンビになるかね。
("脳死"なら、したほうは、ゾンビにならないよな。)

「これで病気が治る!」と喜んだのも束の間、
麻酔から醒めることなく、そのままゾンビに……。
ああ、それは不幸すぎる!


またも、話の腰骨が粉砕されてしまいました……。


えー、ゾンビ状態を死亡とみなす倍は、
死亡保険金を貰って終わりです。

無いとは思いますが、万が一、脳死とみなされた場合は
……ちょっと面倒そうですね。
脳死が死亡なのか、後遺障害なのか、よく判りません。
が、心臓も移植できちゃうんだから、死亡扱いなのかね。
生きてる人間から心臓移植したら、殺人になっちゃうし。
まあでも、よく知りません。
しかし、ゾンビを"脳死"と判定する者も、まさか居ないでしょう(笑)。

問題は、ゾンビ化が後遺障害とみなされた場合。
後遺障害で保険金を貰ったあと、そのゾンビが殺されたら?
というか、普通は、殺されることになるでしょう、多分。
たとえ大黒柱のお父さんでも。
ゾンビだし。
そのままじゃあ残された家族が危険だ。
……それともそのまま生かしておいて、
障害者年金も貰うつもりか、お母さん!?
(なんでそうなる。)

まあ、とにかく、ゾンビ化が後遺障害扱いとなる場合には、
あれやらこれやらそれやらどれやら、
いろいろと面倒なことが山ほどありそうです。


                   そして、まだ続いてしまったりする……。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-10-07 23:14 | リビングデッド、もしくはゾンビ
保険金は貰えますか? 事例1
一度、保険会社に尋ねてみたいと、常々思っております。

なにがって、自分や家族がゾンビになった場合ですよ。
「そんなときまで保険金の心配かよ!」なんて、
そんな暴言を吐かないでくださいませ。
全人類一斉ゾンビ化現象じゃなく、
自分だけゾンビ、家族だけゾンビ、なんてことが起こった場合は、
例えば大黒柱のお父さんがゾンビになったら、
残された妻子は路頭に迷うことになるかもしれないのですから、
金の心配は重要(もっと他に重要なことがあるだろう……)。

そもそも"ゾンビ化"という現象、これは、
社会的にはどういう扱いなんでしょうか。
事故死? 病死? 天災?
『バタリアン』だと人災、『サンゲリア』だと病死って感じですが。

しかし、『サンゲリア』にしたって、
原因が本当に病気かどうかは判らないよな。
ゾンビに噛まれた場合を除いて、
あの島で他の死に方をした場合にどうなるのかは、
映画を見る限りでは不明だし。

 もともと"ゾンビ化の原因"は発生、存在していたが、
 死者が出ていなかった
    ↓
 たまたま謎の疫病が発生
    ↓
 すでに存在していた"ゾンビ化の原因"によって、
 疫病による死者がゾンビ化
    ↓
 医者が疫病が原因であると勘違い

なんてことも考えられるわけで(深読みしすぎ)。

……まあ、なにしろフルチだし、そこらへんの設定は
相当いいかげんなんでしょうけれども……。


……話の腰骨が粉砕骨折いたしました。


"ゾンビ化"が、社会的にどのような位置付けなのかによって、
保険金が下りるか否かは、大きく変わってまいります。

仮に天災だとしたら、まあ、特約なんかもあるでしょうが、
殆どの場合、免責事項に含まれてしまいますから、
残念ながら、保険金は貰えません。
遺されたお母さんは、幼い子供たちを養うために
働き口を探すものの見つからず、結局ソープランドで働きはじめるが、
悪徳マネージャーに慰み者にされた挙句、給料まで搾取され、
借金を重ねる羽目になり、多重債務に首が回らなくなって、
とうとう借金を苦に一家心中することになるでしょう。
(なんでそうなる。)

病気や事故なら、普通は貰えますね。

人災だったらどうなのだろう。
『バタリアン』のような、明らかな過失(だよな)?なら、
普通に事故として、貰えそうです、保険金。

まあ、どんな場合でも、加入している保険の約款によって、
条件は異なるわけですが……。
まあ、あんまり難しいことは、面倒臭いので考えないことにしましょう。


                そんなわけで、なんと、続いてしまうのである。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-10-05 02:54 | リビングデッド、もしくはゾンビ
あなたの微笑みに打ちのめされる
幸せだった。
そう言って微笑んで、貴女は逝った。
その微妙は、まだ、貴女の死顔に貼り付いている。
とても、とても幸福そうな、微笑。

そのあと、ゾンビになって生き返ることが解っているというのに、
どうして貴女はそんなにも、幸福そうに逝けるのか。

もうすぐ、もうすぐ。

じきに、貴女の目が開くだろう。
そのとき、その幸福そうな笑みは消え去るのだろうか。
それとも、それでもその微笑は、
貴女の貌に貼り付いているのだろうか。

その微笑みを、その幸福をもたらした理由が、
僕ではないのだということが、
僕の心を打ちのめす。

貴女がだれを想って逝こうとしていたのか、逝ってしまったのか。
それは結局判らず終いだったけれど、
それが僕でなかったことは、それだけは、確か。

貴女のその罪な微笑みが、
僕に向けられたものではなくて、
僕は打ちひしがれている。

酷い女。

けれど、愛している。愛していた。

他のだれかに向けられたその笑顔に、
その言葉に打ちのめされるぐらいには。


                 退廃的な100のお題:鳥篭/お題配布場所



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-10-02 20:42 | リビングデッド、もしくはゾンビ