<   2006年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧
ガムランはゾンビの歌声
いや大したことじゃないんですけども……。

ガムランの音色って、なんだか妙~に
ゾンビを連想させると思いませんか。
何処がどうとはいえないんですが。
ガムランを聴きながら目を閉じると、そこはもうゾンビ・ワールド。
幸せ家族(謎)。

100,000歩譲って(そんなに譲るのかよ)、ゾンビではないとしても。

ガムランはオカルトの調べ。

それは絶対 譲 り ま せ ん (笑)。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-07-30 00:41 | リビングデッド、もしくはゾンビ
それはKOゾンビ線
つい数日前のことです。
私が通勤に使っているKO線(笑)が、人身事故により、
ものの見事に一時運休となりました。
駅へ向かう途中にあるタクシー乗り場が、
尋常ならざる混雑振りでございましたので、
日本一飛び込みが多いといわれるあのJR某線が
また止まっているのかと思っていたら。

……KO線の改札も、なんだか妙に混み合っている……。
駅員が懸命に、日本一飛び込みが多いといわれるあのJR某線による
振替輸送のアナウンスをしていらっしゃるのだが、
あいにく私が利用する駅は、その気になれば歩いて帰れる
(ただし、そんな気は起こさない)距離にある、
振替輸送対象外地域でございます。

仕方なしに、改札を抜け、ホームへ下りると、
復旧目処が立っていないせいか、
予想していたよりは、人も少ない……。

因みに、事故発生は、18時30分ごろ。
私が駅に着いたのは、19時20分ごろ。
にもかかわらず、現在復旧作業中だの、運転再開は未定だの、
日本一飛び込みが多いといわれるあのJR某線(しつこい)で
振替輸送中だのと、盛んに流れるアナウンス。
……ちょっと、復旧遅くねぇ??

KO線は、いつもわりと強引に運転するので(笑)、
多少遅れることはあっても、こんなに長時間足止めを食らうのは稀。
こりゃ人身がミンチにでもなっちまったんでしょうかね。
それならば、どうせなら事故車輌に乗っていたかった……。←サイテー。

なんてことを思いながら、待つこと数十分。
ついに順次運転再開のアナウンスが流れ
(しかし依然として、日本一飛び込みが多いといわれるあのJR某線
(くどいよ)での振替輸送も続行中)、と同時に、
一気にホームに集まりはじめる人、人、人、そして人。

私が乗り込んだ1番線の各駅停車も、あっという間に
朝の通勤ラッシュの如き(いやそれ以上の)すし詰め状態となり、
だが、まずは3番線の特急から動くということで、
豆腐のような根性しか持ち合わせのない私は、
もーこりゃたまらん、と、とっとと電車を降りました。

そして、1番線の人の波間から見た3番線は
…………大変なことになっていました(笑)。
電車の窓は人で埋め尽くされて、まるで、
『ショーン・オブ・ザ・デッド』のジャケット状態。
それにもかかわらず、階段からは続々とホームへ人が下りてゆき、
見えなくとも、電車の向こうの惨状が目に浮かびます。
いやー、ホームから落ちる粗忽者とか現れて、
せっかく動き出した電車がまた止まるんじゃあなかろーか……。

そうこうするうちに、やっと、3番線の特急が出発。
そして、ホームに残されたのは、
溢れんばかりにごったがえす人々の群れ。

ん? こんな光景、何処かで見たことがあるような。
しかも、わりと頻繁に。

そう、ゾンビ映画のクライマックス。
まあゾンビにしちゃあ、皆様多少血色が良すぎますけれども。
しかしあの様子は、きっぱりすっきりゾンビ映画でした。
そうじゃなければ、オッサンたちの自殺サークル。

もっとも、私のいる1番線も、似たようなもんだったわけですが……。
とりあえず、一旦駅を離れて、このとんでもねぇ混雑をやりすごそうと、
人の流れに逆らって、再び改札へと向かう私の姿は、
さながらゾンビの大群を掻い潜る人間のようでありました……。

小一時間経って駅へ戻ると……3番線は相変わらず、
ゾンビ映画か、中高年の自殺サークル(失礼だよ)。
そこで目にした決定的ゾンビ映画。
ホームに列車が到着し、ドアが開いた途端、
いっせいになだれ込む(お行儀の悪い)人々。
おおおおお、これはまさに、
エレベーターの扉から迫りくるゾンビっっ(笑)!!
……血色が良いが。

いや、まあ、1番線も未だ細々とゾンビ映画だけれども。
さすが特急、利用者が多いだけあって、
3番線はゾンビ度合いも違う。

そうして、やっと1番線のホームに到着した電車のドアが開き、
わたくしもめでたくゾンビの仲間入りを果たすことができました。

いやいや、とんだ災難でございましたら、
ゾンビのお陰で、どうにか楽しくかわすことができました。
恋人がゾンビで良かった……(笑)。



人気blogランキング

事故の原因はといえば……。
[PR]
by zbeat | 2006-07-27 22:59 | リビングデッド、もしくはゾンビ
オカルティック・グラス
先日、某100円ショップへ行きましたら、
"ゾンビグラス"なるものが売られておりました。
メーカーごとに(100均にメーカーもくそもあるか(笑))、
いくつか"ゾンビグラス"という名のグラスがあるのですが、
どれも微妙に形が違う。
ゾンビについては病的なまでの興味を示すわたくし、
グラスにはまったくといって良いほど興味が無いので、
お恥ずかしいことに、この"ゾンビグラス"という名前は、
実に初耳でございました。

この"ゾンビグラス"、どう見てもフツーの、
なんの変哲も無い、細長いタンブラー。
どれもゾンビらしい意匠が施されているわけでもなく、
某ネコや某イヌや某クマグッズのグラスのように、
ゾンビの絵柄が入っているなんてこともありません。
(そういえば、キキララやマイメロディは何処に消えた。
みんなのたー坊ににクレームがついたのは知っているが。)
なにかどう"ゾンビ"なのやら、さっぱり分からず。
"ゾンビグラス"と言われると、なんだか、
ゾンビ模様のグラスを想像しちゃいますけれども(笑)。

帰宅後、さっそくGoogle先生に調べてもらったら……
とべて謎はすけた(笑)!!

"ゾンビ"というカクテルを入れるグラスなのね……。
別名、コリンズ・グラス。
そーいえば、細長いグラスに入ってる、ゾンビ。
(と、ここで、グラスにハマったゾンビの姿を想像した方は、
大変残念ながら、私と同じレベルです。)

一応、Google先生に教えてもらった
"ゾンビグラス"の定義(?)をまとめると、

 「特に背が高く、細長いタンブラー。
  炭酸の持ちがよく、ソーダ割りなどを入れるのに適している。
  ジュースグラスとしても使える。」

だそうで。
なんか曖昧(笑)。

そもそも、"ゾンビ"を入れるから"ゾンビグラス"って、
そういえば、どうして件のカクテルは"ゾンビ"というのか……。
これまたGoogle先生に調べていただいたんですが、
どうもいまひとつ、「そうかっ!」とすんなり納得の理由が無い。
いちばん信憑性が高そうだと思われたのは、

 「死人が生き返るほど強い酒のことを"ゾンビ"という。
  (死人が生き返ればゾンビ。)」

というもの。
うううん、微妙~!
じゃあ、テキーラも"ゾンビ"で良いのか?
  ↑
『レニングラードカウボーイズ・ゴー・アメリカ』で、最後に、
氷漬けになった彼がテキーラで復活していた。


そんな感じで、なんだかんだといろいろ調べてみましたが、
結局、"グラスにゾンビの模様が入っている=ゾンビグラス"という、
誤った妄想を打破することはできませんでした。
"ゾンビグラス"がそんなグラスなら、酒がますます美味しく飲めそうです。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-07-25 23:06 | リビングデッド、もしくはゾンビ
煙る夕日を背に
灼熱の大地。
砂煙を朱く照らす夕日を背負い、
覚束ない足取りで歩みを進めていた男は、
暫し立ち尽くし、膝を折ると、
やがて、後方へ、ゆっくりと倒れた。
朱い光の降り注ぐ天を仰ぐように。

上下していた胸の動きが止まる。
動かなくなる。
そこでたしかに、男は死んで。



そのまま、数分が過ぎる。
男が再び起き上がる。
見当識を失くしたように、辺りを見回し、
手を突き、膝を立て、ちぐはぐな動きで立ち上がる。

先刻よりも、さらに覚束ない足取りで、ぎこちない動きで、
男は歩き出す。
煙る紅の空を、深紅の夕日を背負って。

歩いてゆく。
死んだまま。


                 退廃的な100のお題:鳥篭/お題配布場所



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-07-22 23:12 | リビングデッド、もしくはゾンビ
ゾンビたちの挽歌
DVDで『ランド・オブ・ザ・デッド』を見直していて、ふと思った。

ゾンビ王国」でも触れましたが、
あれだけゾンビたちが賢くなったら、やっぱり、そのうちに、
ゾンビは、自分たちのルールに則って、
ゾンビの、ゾンビによる、ゾンビのための国というか、
コミュニティというか、なんというかそういったものを
作ることになるに違いありません。
実際、『ランド・オブ・ザ・デッド』では、ビッグ・ダディを主導者として、
本能とは明らかに異なる自らの"意思"によって、
人間たちの住まう街、フィドラーズ・グリーンへ攻め込んでいました。
そしてラストシーンで、彼らもまた、
彼ら自身の永住の地を求めて、
何処(いずこ)かへと去ってゆきます。

さて、現段階(といって良いものかどうか分かりかねますが)では、
ゾンビたちは皆、ビッグ・ダディを自分たちの指導者、
ボスとして、付き従っているわけですが、
個体差はあるものの、それぞれのゾンビが知能や思考、
意志を持つようになるのですから、
「俺は(私は)ビッグ・ダディのやり方は気に入らん!」
なんて言い出す奴が現れてもおかしくはありません。

もしくは、まったく別の場所で、まったく別の理念を持って
"進化"したゾンビたちの集団が存在することも考えられます。
というか、ビッグ・ダディ率いるゾンビたちだけが特別で、
そのほかのゾンビたちのすべてが、
相変わらず胡乱なままに、ただ地上を彷徨っているというのは、
少々考え難いような気がいたします。
一部であっても、同じ"進化"を辿った可能性はある。

そうすると、人間たちが愚かにも小競り合いをするのと同様に、
ゾンビたちもまた、ビッグ・ダディの下を離れた一派や、
別の地域のゾンビ勢力と、壮絶な縄張り抗争や、
頭目争いを繰り広げちゃったりなんかしちゃったりしないでしょうか。

……まあ、ビッグ・ダディは温厚そうだから(なにを根拠に(笑))、
同族同士、自ら闘争を仕掛けるということは無さそうですが、
他のゾンビたちが皆、彼と同じように思慮深いとは限らないし、
それに、例えば愛するNumber 9(妄想)に手を出されでもしたら、
流石の彼も、きっと黙っちゃいないでしょう。

ましてや、何処かの不良ゾンビによる
ゾンビ大虐殺事件なんぞが起ころうものなら、
血で血を洗う、壮絶かつ凄惨な争いが始まること間違い無し!

それはゾンビ版仁義無き戦い。
大父組組長ビッグ・ダディと、姐さんNumber 9。
うん、とすると、ゾンビ版極道の妻たちもあるかもしれない。
人間そっちのけの、激しい死闘が繰り広げられ、
次々と死んでゆくゾンビたち。
最後に生き残るのはだれだ!?
それじゃあゾンビ版バトル・ロワイアル。

……あああ、めくるめく甘美なる妄想。
だれかそんな映画、撮ってください(他力本願)。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-07-21 19:22 | リビングデッド、もしくはゾンビ
夜行列車より愛をこめて
夜行列車というものは、どうしてこうも、
妄想をかきたてるのでしょうか。


うたた寝をして、ふと目が覚めたら、列車に自分独りだけ、とか。

何気なく外を見たら、そこは異界の地だった、とか。

ふと気が付くと、列車は墓地の真ん中で停まっていた、とか。

停車駅のホームに並んでいるのは、皆ゾンビ、とか。

行き先がいつの間にか多磨霊園、とか(『ゲゲゲの鬼太郎』か(笑))。

何故か自分の姿だけ、窓に映っていない、とか。

窓に映る乗客の姿が妖怪、とか。

窓に映った鏡の世界に迷い込んで出られなくなる、とか。

車掌が死神、とか。


そんなことばかり考えてます。

夜行列車によると、まあ皆さん、
殆どの方がお休みになっていますが、
私は列車の窓から外を眺めるのが大好きなので、
勿体無くて、とてもじゃないが眠れません。
どうにもこうにも致命的な睡魔に襲われてゾンビになりそうなときには、
仕方が無いので諦めて、私もお休みになりますが、
基本的には完全に覚醒しています。

夜行列車なんだから、外なんぞ見ても真っ暗じゃないか、
と言われそうですが、ソ コ が 良 い ん で す (笑)!
真っ暗な中に、ぽつりぽつりと明かりが見えたり、
遠くに街灯や信号がきらめいていたり、
窓の外を踏み切りの赤い光が横切ったり、
暗がりに朧な輪郭の町並みや山並みが浮かんでいたり。
そんな景色を見ていると、夜を独り占めしているような、
なんとも贅沢な気分。
夜の帝王(笑)。

それに、真っ暗な世界を、
そうやって一生懸命見つめていたら、
本当に、この世ならぬモノたちに出会えるかもしれない。

独り車窓の向こう側の世界を眺めながら、
止(とど)まることを知らない妖しげな妄想を友に、
夜行列車の旅。
いっそ、この世界が夜に落ちて、
夜明けなど来なければ良いと思うほど、
幸せな時間です。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-07-19 20:00 | オカルト
僕と一緒に堕ちて
僕の二の腕の肉がゾンビに喰い千切られたと見るや、
君は、そのゾンビの前に、颯爽と自分の腕を突き出した。
手首の内側が引き裂かれ、皮と、血管が垂れ下がる。
くっきりと、歯型の形に、肉が抉り取られている。
唖然とする僕の前で、君は、
まるで天使のように微笑った。

取り囲まれた僕たちは、かろうじて、
ほうほうの態でそれでも逃れ、
廃墟と化したアパートの一室へ辿り着いた。

僕の、
僕たちの体が、
死んでゆくのが判る。
墜落してゆくような、吸い込まれるような、眩暈。

僕は君の手をとって、荒れ果てた床に崩れ落ちた。
その拍子に、掌をガラスの破片が傷つけたが、
気味の悪いほど、痛みを感じなかった。

肉体が死んでゆく。魂も、死んでゆく。

君の腕が僕の体にまわされる。
翳みはじめた視界に映る君の貌は、
生気を無くして干からびて、唇はひび割れているけれど、
それでもなお、美しい。神々しい。

廃れた部屋で抱き合ったまま、身を横たえる。
落ちてゆく。どこまでも。
行き着くのは、地獄の底か。

このままふたり寄り添って、抱き合って、
僕たちは、最期のときを迎える。
次に目覚めるとき、僕も、君も、もう、僕と君ではないけれど。
とても、幸せな気分だ。

このままふたり寄り添って、抱き合って、ゾンビになろう。
次に目覚めたそのときも、ふたり抱き合っていると良い。

堕ちてゆく。
君とふたり。

視界の隅で捕らえた君の瞳もまた、僕を捕らえていた。

ああ。堕ちる。
僕と一緒に、何処までも、堕ちて……。


                 退廃的な100のお題:鳥篭/お題配布場所



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-07-17 00:29 | リビングデッド、もしくはゾンビ
大黒柱が喰い荒らされる
つい先日、某TV局の夕方のニュースをつけたまま、
雑事をこなしておりましたら、
衝撃的な一言が、耳に飛び込んでまいりました。

「家を支える大黒柱が喰い荒らされ・・・」

なに、お父さんが喰い荒らされたとな!?
すわ、ついにゾンビの時代が到来か、と、
胸をときめかせつつ(ときめかせるなよ)、
勢い込んで慌ててTVの前に正座し、
画面を凝視する私が目にしたものは。

内部を喰らい尽くされ、朽ち果て、ぼろぼろになった、
無残な"大黒柱"の姿…………。


稼ぎ頭のお父さんではなく、文字通り、そのまんまの、柱。


そう、シロアリ被害の特集だったのでございます。
いやはや、完全なるぬか喜び(当然だ)。
この瞬間まで、わたくしときたら、"大黒柱"が、
そもそも柱自体を表す言葉であることを、
すっかり失念しておりました。

阿呆です。
お父さんが喰い荒らされたりしようものなら、
犯人がゾンビであろうがなかろうが、大事件でございます。
確実に、間違いなく、トップニュースです。
夕方6時半過ぎの、中途半端な時間に、しかも映像付きで、
そんなニュースが流れようはずもありません。
定時のニュースどころか、ニュース速報が流れて
号外も出そうな話だ。

しかし、これがまた、下手なホラー映画なんぞより、
よっぽど激しい恐怖映像でございました。
押入れの段ボールが巨大なイエシロアリの巣と化していたり、
壁の隙間にイエシロアリが巣食っていたり、
件の大黒柱を解体したら、無数のシロアリが
粉雪の如く降り注いだり(カメラさん、ご苦労様です……)。
うおぉぉおおぉおぉぉ、こっ、怖ぇ~~~~~~~~!!!!

女王アリ(体長3cm)の、超接写映像なんてのもございました。
蛆虫のような腹が、ブヨブヨと波打っておりまして、
うっかりこの時間にTVをつけてしまった
お食事中の一般のお茶の間の皆様などは、
一気に食欲をなくされたのではないかしら、と、
他人事ながら心配です。
くわばらくわばら。

なんでも、女王アリは10年間生き続け、
4秒に1個のペースで卵を産むそうです。
そりゃぁ増えるよ、シロアリ!

それにしても、女王アリとはいえ、
昆虫が10年も生き続けるとは、驚きでございます。
そのうち化け猫ならぬ化けシロアリにでもなりそうですね。
これをネタに、恐怖映画の1本も撮れそうです。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-07-13 00:12 | リビングデッド、もしくはゾンビ
食欲増進
ゾンビ映画を観ていると、
どうにも腹が減って堪らなくなるのは、
私だけでしょうか。

わたくし、普段は常に食欲減衰というか、
べつに腹が減っても平気な性質で、
1日なにも食べないぐらいでは、
さして空腹を感じることもないんですけども。
ゾンビ映画を観ていると、途端に腹が減ってきます。

そして、ゾンビ映画を観ているときの空腹というのは、
如何とも耐え難い(笑)。

どうやら、ゾンビたちの見事な喰いっぷりが、
私の空腹を誘って止まないようです。
大食漢の方と食事をすると、たいして腹が減っていなくても、
つられて食が進んでしまうのと似ているでしょうか。
(とか言いつつ、私は、大食漢の方と食事をすると、
見ているだけで腹いっぱいになりますが……。)

とはいえ、私はゾンビではないので、
いくら腹が減ったからといって、まさか隣りにお座りの方に
齧りつくわけにもまいりません(笑)。

そんなわけで、ゾンビ映画を観にいくときは、
いつもは食べないジャンクフードを買い込んで
上映に臨みます。
ポップコーンとかナチョスとか、
べつに全然好きではないのに。
困ったもんです。

勿論、自宅等でDVDを観るときも、
なにかしらの食糧を、必ず用意。
今日はドーナッツでした。

食欲が無いときは、ゾンビ映画を観る!
これで決まり。
胃薬要らずでございます。

……変人とか言うな(笑)!



人気blogランキング

そういえば……。
[PR]
by zbeat | 2006-07-08 01:32 | リビングデッド、もしくはゾンビ
死の報いを受けなさい
てぇなわけで、トップ絵を変更です。
ついでにデザインも変更。
いや、白い背景にこの画像は、ものすごく、
バランスが悪かったのだよ……。

はい、今回はデッド・レコニング号でございます。
e0085092_22272581.gif

実は私、けっこうこのテの乗り物にワクワクするタイプです。

ワクワクどころか、欲しいぜ、デッド・レコニング号。
(何処を走る気だ。)



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-07-05 21:15 | リビングデッド、もしくはゾンビ