<   2005年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧
エレベーター・アクション
突然ですが、私はエレベーターが嫌いです。
理由は簡単。
酔うんだもの(笑)。
動き出すときと、止まるときの、あの、
えもいわれぬ浮遊感がとても厭です。
特に、昇りよりも下りのほうが。
各階停まりの下りエレベーターなんて、
いっそ落ちてしまえと思うぐらいです。

しかし、仕事先は高層ビル。
毎日エレベーターに乗らないことには話になりません。
まさか20階だの30階だの、階段で通勤するわけにも行きません。
会社に着くころには、力尽きてゾンビになっていることでしょう。

そんな私の、エレベーター嫌い克服法。
単純ですが、「楽しいことを想像する」。
これに限ります。
特に独りでエレベーターに乗っているときに多用します。
話をして気を紛らわす、ってわけにもいかないですからね、独りでは。

で、なにを想像するかと言いますと、勿論ゾンビでございます。
『ゾンビ』の、あのシーンですよ。
エレベーターのドアが開いたら、ゾンビの大群がぐわぁっと。

エレベーターに乗り込み、ドアが閉まり、動き出す。
ここでもう、私の心は『ゾンビ』へと旅立ちます。
エレベーターが動き出し、停まりそうな気配を感じたら、
開いたドアから、ゾンビの大群が
いっせいに雪崩れ込んでくる様を思い描きます。

これで大嫌いなエレベーターも、至福のときです。
思わずニヤリと、口許がほころんでしまいます。
ニヤリどころか、幸せそうに微笑んでいるかもしれません。
ひょっとしたら、知らないうちに、ブツブツ独り言を
言ってしまっていることも考えられます。

そんなところに乗り込んできて、そんな私に遭遇した方は、
「おかしい人と乗り合わせてしまった……」と、
きっとリアルに怖い思いをすることでしょう。
ご愁傷様でございます。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-30 22:40 | リビングデッド、もしくはゾンビ
浪漫飛行
風の強い、新月の夜



点滅する街灯

廃墟

薄暗い地下道



山奥の一軒家

墓地

ハーレー・ダヴィッドソン

フェンス、あるいは金網

真夜中のプラント

有刺鉄線

ヘリコプター



装甲車

土葬

地下室


どれもゾンビがよく似合う。
嗚呼、ロマンティック。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-26 00:03 | リビングデッド、もしくはゾンビ
サンタが街にやってくる
クリスマスでございます。
クリスマスがなんの日だったかは、
もはやすっかり忘れてしまいましたが、
クリスマスは、恋人同士がイチャイチャするための日、
……でないことは確かです。少なくとも。

そんなことはさておき、クリスマスといえば、やっぱりゾンビですね。










いや、失礼。
ちょっと飛躍しすぎました。
冗長なのもいけませんが、あまり端折っても宜しくないですね。

クリスマスといえば、ターキー。
日本では、チキンが主流。
チキンといえば、フライドチキン(骨付き)。

フライドチキン(骨付き)を食べる人の姿って、
人間を喰うゾンビの姿に、とてもよく似ています。
もしくは、人間を喰うゾンビの姿って、
フライドチキン(骨付き)を食べる人の姿に、とてもよく似ています。

両手を使って、手づかみで、お肉をムシャムシャ。
お口いっぱいに頬張っていれば、なおのこと。
お口の周りが肉汁で汚れていれば、もう言うことはありません。
(おまえの人生、そんな行儀の悪い人間ばかり見てきたのか。)

そんなわけで、私の頭のなかでは、

クリスマス
  ↓
チキン
  ↓
ゾンビ

と、極端にも程がある連想の縮図が構築されているのです。

クリスマスになると、なんだかもう、
同僚も、街行く人も、すれ違う人も、
皆々遍くゾンビに見えてくる。
KンタッキーFライドCキンは、さながらゾンビの配給所?

ゾンビが街にやってくる。
クリスマスは、ゾンビの季節。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-25 02:38 | リビングデッド、もしくはゾンビ
ああああ
適当に付けたドラクエの主人公の名前ではございません。
わたくしの、悔恨と悲嘆の叫びでございます。
ムンク。

なんだかんだ、あれだこれだと、
のらりくらりと(嘘)過ごしていたら、
殆ど丸一週間、なにひとつ更新しておりませんでした。

どれほどの方が、更新を楽しみにしてくださっているのか
(あるいは、いないのか(笑))、
それは神のみぞ知るところではありますが……。

大変申し訳ございませぬ。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-24 23:50 | 戯言
超満員
美女は3日で飽きる、ブスは3日で慣れる、と申します。

どうやらタールマンにも飽きてしまったようなので、
トップ絵を変えてみました。
『ドーン・オブ・ザ・デッド』より、
手作り装甲車を取り囲む、ゾンビの群れ、群れ、群れ。

e0085092_20174578.jpg

光線の加減と言い、この集合っぷりと言い、
ゾンビ映画というよりも、超満員のアリーナのようでございます。
KISSとか。

いくらなんでも、ゾンビ多すぎるだろー(笑)。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-17 22:50 | リビングデッド、もしくはゾンビ
そこに、ゾンビを感じた瞬間
映画、『パッチギ』にて。
DVDでところどころ観ていただけなので、
ストーリーは殆ど把握していませんが。

冒頭か。
朝鮮高等学校の生徒が、何故か知らないが、
バスを横転させているシーンを目にして、
「あー……、ゾンビみてぇ」
と、思いました。

ええ、もう、そればっかりが、
ただひたすらにそればっかりが、
脳裏にクッキリと焼き付いておりますとも。
あれがゾンビだとしたら、
『ドーン・オブ・ザ・デッド』ばりに、
血気盛んなゾンビですけれども。
しかし、一度そう思ったが最期、これが年貢の納めどき。
なにしろストーリーを把握していないので、
『パッチギ』は、めでたくゾンビ映画として認識されてしまいました。


で、”パッチギ”ってのは、結局、どういう意味なんですか?



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-16 20:56 | リビングデッド、もしくはゾンビ
King of Kings
キャッスルロックよ永遠に」で述べたように、
私はスティーヴン・キングが大好きです。

が、「キング作品でいちばん好きなのは?」と訊かれると、
どうにも返答に窮してしまいます。
好きな作品が多すぎて。

そこで私は、卑怯にも、そのときどきで、
相手によって”いちばん好きな作品”を使い分けることにしています。
要するに、相手の嗜好を窺って、
それに即した作品の名前を挙げるわけです。

例えば、相手がファンタジーを好むなら、
『タリスマン』や『暗黒の塔』、
SFを好むなら、
『トミー・ノッカーズ』や『スタンド』、
ホラーやオカルトを好むなら、
『キャリー』や『クリスティーン』、『デスペレーション』、
スリラーを好むなら、
『ミザリー』、『クージョ』、
感動的なお話を好むなら、
『グリーンマイル』、『スタンド・バイ・ミー』、
といった具合です。

そうして名前を挙げる作品は、勿論、
私が本当に好きな、面白いと思っている作品です。
そこに偽りはありません。
けれども、本当に”いちばん好きな”作品かと問われると、
実はこれっぽっちの自信も無かったりします。
いや、大好きなことに変わりは無いんですけども。
しかし、”いちばん”となると、やっぱり困ってしまいます。

まあ、それは、なによりも、単(ひとえ)に
好きな作品の数が多すぎるが故、ではあるのですが。
そうは言っても、”いちばん好きな作家”なのに、
”いちばん好きな作品”を上げられないのは、
なんだか格好つけているだけの、イタイ人みたいです。
かといって、「どれも好きだから決められない」なんて言うのは、
知ったかぶりなだけの、これまたイタイ人みたいです。

というか、そもそも、そんなことを言ったら、
それこそ大嘘です。
嫌い、とは言わずとも、”好きではない”、あるいは、
”面白くない”というレベルであれば、
そういった作品は、正直、わりとあります。
あれだけ著作があれば、まあ、そんなもんです。

しかしながら、相手に合わせていちばん好きな作品を挙げる、
というのも、質問者はともかく、
著者であるスティーヴンキングに対して、
大変不誠実な行為であるように思えてなりません。

そのようなわけで、”いちばん好き”な
スティーヴン・キングの作品を、改めて考えてみましたが……。
結果、失敗に終わりました。
やはり、ひとつには絞り切れないようです。
無理です。
”BEST 5”のような、順位すらつけられません。
(それができれば、”いちばん”も挙がりますしね、必然的に。)

ということで、なんだか相変わらず非常に纏まりがありませんが、
私のなかの、”いちばん好きなスティーヴン・キング作品”の
候補を挙げることにします。
(順不同、思いつくまま。)

ローズ・マダー
神々のワードプロセッサ
死のロングウォーク
ニードフル・シングズ
例のあの感覚、 フランス語でしか言えないあの感覚
ドロレス・クレイボーン
いかしたバンドのいる街で
クージョ
キャリー
ゴーサムカフェで昼食を
ハイスクール・パニック
グリーンマイル
ダーク・ハーフ
ダーク・タワー

いちばんは、皆様からの投票で選びたいと思います(嘘)。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-12 19:59 | スティーヴン・キング
ゾンビは上手く踊れない
あたりまえだ、馬鹿野郎って!?
いやいや、でもいるんですよ、踊るゾンビ。

それは『死霊の盆踊り』……………………ではなくて
(あれはただの水着のねーちゃんだ(笑))。

マイケル・ジャクソンの『Thriller』です。
このミュージック・ビデオ、全編通して見たことはなくても、
マイケル率いるゾンビたちの集団ダンスの部分だけなら、
ご存知の方が多いのではないでしょうか。

いやあ、格好良いぜ! 圧巻だ、ゾンビ・ダンサーズ。

それぞれのゾンビの特殊メイクや衣装も、
さすが天下のマイケル・ジャクソンだけあって(?)、
下手なゾンビ映画より全然金がかかってそうです。
凝ってます。若干(いや、かなり)わざとらしいゾンビだけど(笑)。
振り付けも人間らしくないというか、ゾンビらしいというか。
いや踊るゾンビを見たことがないので、
実際ゾンビらしいかどうかは判りませんが。
ああ、マイケルーノが踊ってた……、って、
マイケルーノは確実に真似っ子だ。
しかも本当はそんな名前は付いていない。

……なんの話だ。

とにかく、ホラー映画仕立てになっていて、
とても素敵で格好良いミュージック・ビデオなのです、『Thriller』。
唯一、マイケル・ジャクソンの特殊メイクだけが、
ゾンビというより出来損ないのミイラみたいで、
いまひとつではありますが……(笑)。

ミュージック・ビデオのストーリーとしては、
映画館で狼男映画を見ていたカップル(マイケルと黒人の女の子)が、
その帰り道、都合良く墓地の横を通っていたら、
運良くゾンビに取り囲まれて、ふと見たらマイケルも
ゾンビになってるよ~!ってところで、突然マイケル&ゾンビーズが
踊りだしたのを良いことに、彼女は逃げ出し、
森の中らしき一軒家にまんまと逃げ込んでしまい、
壁だの床だのぶち破って迫り来るマイケル&ゾンビーズ、
はや一巻の終わり!!っと思ったら夢オチか……っと思ったら
マイケルは実は狼男、というもの。
(途中の解釈が間違っているというご意見は受け付けておりません。)

いやいや、なにが怖いって、「キャーーー!」という悲鳴が上がり、
スクリーンではさぞかし恐ろしい場面が繰り広げられているであろう
狼男の映画を見ながら、ニヤニヤ笑いながらポップコーンを
頬張っているマイケル・ジャクソン(まだ黒かった)の顔です。

しかしながら、コレに関しては、目くそ鼻くそを笑う、
ワタクシ、人のことをとやかく言えた義理ではありません。
スクリーンでどばしゃーっと内臓がぶち撒けられていても、
平気の平左でポップコーンを食っておりますので、
ここは突っ込んではいけないところだろうと自覚しております。
もう突っ込んだけどね。

冗談はさておき、このミュージック・ビデオの、
ゾンビたちがぞろぞろ出てくる部分が良いのですよ。
まあ、所詮はミュージック・ビデオ、という向きもあるかもしれませんが、
深い低音のナレーションが入り、年季もののゾンビが
墓地から出てくるは、マンホールから這い出してくるは、
なんだか良い味出しているのです。
しかしマンホールからゾンビとは、
殺人事件か死体遺棄事件でもあったんでしょうか。

歩いているうちに、手がもげちゃうゾンビなんぞもいて、
ミュージック・ビデオのくせに、細かい描写。
これぞホラー映画な味わいです。
どうせなら、踊りながら手だの足だの首だのが
千切れて吹っ飛んでしまえばなおいっそう良かったのに。
臓物も引っ張り出してしまえばさらに良かったのに。
私がこのビデオの監督なら、絶対そうしますが。

おい、 ミ ュ ー ジ ッ ク ・ ビ デ オ なんだよ。

と、マイケル・ジャクソンから永久にダメ出しされますか。
それは残念。

それにしましても、このミュージック・ビデオのゾンビたち、
どうやら豪くお行儀が良いらしく。
ビデオの最後には、自分の家(つまり、墓、そしてマンホール)に
戻って逝きます(誤変換ではない)。
しかも、「バイバイ」なんて、手を振る奴までいます。
実にほのぼのした雰囲気が漂います。

こんなゾンビたちとなら、なんだか仲良くなれそうだ。
………………しかし皆、相当年季入ってるっぽいから………………。

臭そうだな。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-10 21:15 | リビングデッド、もしくはゾンビ
いつか見た夢 四
いつか見た夢 一
いつか見た夢 二
いつか見た夢 三

………………。

ここで目が覚めました。
なんという悲劇!

まったくもって本当に、全部、夢の話なんです、これ。

もともと夢を細部まで覚えているほうですが、
そうはいっても、夢日記をつけているわけではないので、
思い出す際に無意識に辻褄を合わせている部分は、
多々あるかと思います。
けれど、大筋は、ほぼこのとおりです。

いやぁ……。
訳が解りません(笑)。
B級映画にもなりゃしない。
……というか、いろんなゾンビ映画が
一緒くたになったような夢ですね。

PCから出てくるゾンビって、『デモンズ』ですか(笑)。
いえ、『デモンズ』は映画館、『デモンズ2』はTVですけれども。
雰囲気としては、そんな感じです。
律儀にゲームでゾンビを倒してないで、
ゲームの強制終了とか、PCのシャットダウンとか、
もっと他に試すべきことがあるだろうがよ……。

ゾンビが喋るというのは、『バタリアン』ですかね。
「脳みそくれ」の代わりに、「ゲーム買え」(笑)。
どんなゾンビだ。営業か(笑)?

海辺のリゾートの白いお屋敷というのは、出所が謎です。
夢のなかでは、なにしろ夢のなかなので、
勿論気にしていなかったんですが、非常にけったいな造りの家でした。
海の上にそのまま板張りなんて。
腐るよ。
窓が強化ガラスなのは、『ドーン・オブ・ザ・デッド』でしょうか。
あの綺麗な海の底では、ひょっとしたら、
鮫とゾンビが戦っていたかもしれません。

場所はともかく、バリケードを作って立て篭もるのも、
そのなかで、一時的とはいえ、悠々自適な生活を営んでしまうのも、
そして最後にはそのアジトが破壊されるのも、
ゾンビ映画のお約束ですね。

しかし、鰐ってなんだ、鰐って?
何処にいたんだ。
『死霊のえじき』の影響か。
しかも、仲間が鰐に足を喰われたと言っているのに、
「そんなことで大騒ぎしやがって、使えねぇ奴」だなんて、
薄情にも程があるぞ、夢のなかの自分(笑)!

個人的にいちばん不思議なのは、夢のなかの私が、
後生大事に抱えていた、”ゴム製のミニバット”。
30センチぐらいの、本当に小さなゴム製のバットでした。
なんでよりによって、バット。しかもゴム製。
だが意外と強かった(笑)。
……でも、ゾンビにフランケンシュタイナーの要領で跳びついたら、
間違い無く噛まれちゃいますよねぇ、普通……。
夢って凄いなぁ。

そもそも、大草原から、なんの脈略も無く
海辺のお屋敷に舞台が変わる時点で、
もうどうかしてるんですが。

因みに、仲間の顔には、まったく見覚えがありませんでした。
好きな俳優だの、有名人だのがいたわけでもなく、
というより、実は全然覚えていません。
目が覚めると同時に、きれいさっぱり
忘却の彼方へ去っていってしまったようです。

そして、こんな夢を見たわりに、
目覚めたときに疲労感は無く、寧ろ、爽快な気分でした。
ジグムント・フロイトあたりの古臭~い理論で分析されたら
(いや、新しい理論で分析されても)、
とんでもない結果が導き出されそうです(笑)。

ああ、それにしても、なんて中途半端なところで
目が覚めてしまったのか………………。
それだけが、心の底から悔やまれます。
思わず化けて出るほど心残りでございます。
もっともっと、あの夢に浸っていたかった……。
続きが気になって、夜も眠れぬ有様です。
(嘘吐きは泥棒の始まり。)

どなたか、夢の続きを見る方法を教えてやってください。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-06 22:25 | リビングデッド、もしくはゾンビ
いつか見た夢 三
いつか見た夢 一
いつか見た夢 二

振り向くとそこには、1階に戻ったはずの仲間が立っていた。
「Go downstairs! I'll be here」
(階下(した)へ行け! ここは俺が守る)
言いながら、彼は私の腕を引いた。
気がつけば、階下からは激しい物音と怒号が聞こえる。
なにやら大変なことが起こっている様子だ。

ゴム製のミニバットを抱えて階段を駆け下り、
海辺の部屋へ向かうと、果たしてそこには、
信じられない光景が広がっていた。
白い板張りの床を破り、ゾンビが侵入しようとしている!
潮が引き、水深が浅くなったために、
床下にゾンビたちが這入り込んできたのだ。
ゾンビたちは、その拳や頭で床板を突き破り、顔を出す。
仲間たちは穴からゾンビを叩き出し、
頑丈な板でその穴を塞いでいた。

すぐに私も加勢する。
しかし、ゾンビの数は、あまりにも多い……。

突き壊された床から顔を出すゾンビを、私たちは、
モグラ叩きの要領で追い立て、その上から板を打ちつける。
次から次へと、別の場所からゾンビの頭が現れる。
いつの間にか床下には無数のゾンビが潜り込み、
無数の手が床板を突き上げている。
まるで大きな地震のように、屋敷全体が揺れている。

2階に残った仲間はどうしているだろうか。

左手のミニバットでゾンビの頭を殴りつけながら、
右手のハンマーで釘を打ちつつ、そんなことを考える。

それにしても、ゾンビの数が多すぎる。
穴を塞いだ分厚い板さえも打ち破らんとする勢いだ。
これ以上は防ぎ切れまい。
陥落は時間の問題だ。

仲間のだれかが、鰐に足を喰われたと騒いでいる。
この非常時にそんなことで大騒ぎしやがって、
なんて使えねぇやつだ、と思いながら、
私は仲間のほうを振り向きもせず、
目の前に顔を出したゾンビをミニバットでぶん殴る。

床板が次々と破られる。
絶望的な数のゾンビが集まっている。
もう絶対に勝ち目は無い。
早く逃げなければ。

to be continued....




人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-06 00:43 | リビングデッド、もしくはゾンビ