迂闊だった!
いつの間にか、『ダーク・タワーVII』の上巻が出ていた……。
どうやら10月末ごろに出たらしい(詳細不明)。
今月末に、中巻が出るのは知っていたんですけれども。

『ダーク・タワーVII』が11月発売ということは聞き知っていたので、
10月末に書店で文庫の発売予定を確認した際、店員に、
「スティーヴン・キングの『ダーク・タワーVII』の発売日を知りたい」
と伝えたところ、彼女は「11月末の発売ですー」と仰せだったのだ。
(いやまあ、若干……いや、明らかにいい加減な返答ではあるが。)

後日(11月に入ってから)、別の書店で、貼り出してある発売予定表に、
"11月28日『ダーク・タワーVII(中)』"と書かれていたので、
これは私の知らぬ間に上巻が出たのか、と思い、
新刊コーナーをくまなく物色したのだが、何故か上巻は見つけられず。
既刊コーナーにも無かったので、きっと"(終)"の間違いなのであろうと
(だって『VII』が最終巻なわけだし)、勝手に納得し、
店員に質すこともしていなかったわけですが。

私としたことが、とてつもなく迂闊だったぜ!!!!!
もう発売から2週間も経っているじゃないか!
それなのに私ときたら、のうのうと京極夏彦の『狂骨の夢』を
読み返していたとは……(しかも、今いちばん良いところ(笑))。
ああ、迂闊すぎて涙が出るよ。

これがどれほど迂闊な行為なのかといえば、


 病院の待合室で、ふと何気なく隣りに座っている男性のほうを見たら、

 彼はたまたま『週刊少年ジャンプ』を開いており、

 偶然にも、当時私がコミックスでしか追っていなかった

 『DEATH NOTE』を読んでおり、

 あまつさえ、よりによって偶さか目に入ったそのページで

 ちょうど夜神月が死んでいた。

 (実話)


そのぐらい迂闊。
ありえないほどに迂闊。
一生の恥だ(そんなにか!?)。

そんなわけで、私はこれから、ローランドご一行様の、
最期の旅、最期の物語の始まりを目にすることになります。

……まあ、とりあえず『狂骨』を読み終わってからね。
あと10分もあれば読み終わるでしょう。

それにしても、私はいったい何度読み返せば気が済むのか、
『妖怪シリーズ(京極堂シリーズ)』……(笑)。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-11-15 22:47 | スティーヴン・キング
<< 会社近くのモルドレッド・デスチェイン 地獄の軍団 >>