笠地蔵の秘密
笠地蔵の謎

前回、"『かさじぞう』の地蔵は、いったいどうやってじーさんへの
恩返しの品々を入手したのか"と推理しておりましたら、
地蔵は世にも恐ろしき略奪団、畜生働きと化し、
一夜明けてその惨状を目の当たりにしたじーさんはショック死、
それを見たばーさんも気が触れた挙句に首を括るという結末を迎え、
『かさじぞう』は、なんともはや残酷な、悲しく救いようの無い
お話になってしまいましたので(そこまでじゃなかった)、
今回は、もうちょっと明るく楽しくマイルドに、
その秘密に迫ってみたいと思います。

殺生はご法度ですよ、お地蔵さん。
(いや、お前のせいだから。)

そうはいっても、前回同様、町へ行ったところで、
なにしろ年の暮れ、大晦日でございますから、
皆様が早々に店じまいして引き上げているであろうことも、
地蔵どもが金なぞ持っちゃいないであろうことも、変わりはなく。
やはり、この極悪地蔵どもは、
なにかしら尋常ならざる手段に縋るしか無さそうです。

しつこいですが、地蔵とはいえ、魔法のように次から次へと、
ご恩返しのお品物を虚空から生み出すのは、無理というもの。
(いやきっとそうしたんだよ。そういうことにしておけ。)

けれど殺生はご法度でございます。
さて、困ったね、お地蔵さん。
(困らせているのは、他でもない私だ。)

しかし!
お地蔵さんといえば、だれもが皆思いつく、
とても素敵な隠し玉を持っている。
それは……。

お 供 え 物 。

何処の地蔵も、団子やら花やら駄菓子やら菓子パンやら
いつのだか判らん牛乳(笑)やら、
いろいろと頂戴しておられます。

つまり、地蔵は、その魅力を最大限に発揮して、
通りかかった人々や、
通りかかられた(じーさんの家まで練り歩いたんだろ、地蔵)人々が、
どうにもこうにもお供え物をあげないことには居ても立っても居られない、
狂おしいまでの供物欲(なんだそれ)を刺激するという、
地蔵ならではの裏技(以下、地蔵パワー)を備えている、と。
そうか、さてはその手を使ったんだな、この悪どい地蔵どもめ!

とはいえ、今回は、そんじょそこらのお供え物とは違います。
団子やら花やら駄菓子やら菓子パンやら
いつのだか判らん牛乳(引っ張るなー……)を貰ってもしょうがありません。
なにしろ、心優しいじーさんへの恩返し、
しかも正月を祝う(そしておそらく厳しい冬を乗り切る)ための品々です。

これはもう、相当量の地蔵パワーを発揮しなければならないはず。
きっと地蔵は、心優しいじーさんのために、死をも覚悟したことでしょう。

うん、なんだかちょっと良い話になってきたんじゃないかぃ?

これなら、年の瀬の暮れなずむ淋しい町であっても、
何処かに人間さえ居れば、欲しいものを調達できる。
地蔵たちが凄まじい地蔵パワーを放出しながら、
雪の中に立ち、町を練り歩き、そしてじーさんの家へ向かったことは、
想像に難くありません。

その地蔵パワーたるや、きっと、
丸裸になってでも盛大なお供え物をしなければ、
末代まで祟り殺されそうな程の、強烈な磁場だったことでしょう。
その只中に居た人々が、果たしてその後も
健やかに暮らすことができたかどうか、
それは定かではありません……。

それにしても、この地蔵パワーによるお供え物採集というのは、
なんというか……要するに、マインドコントロール……?

いくらじーさんに恩返しをしたいという大義名分があろうとも、
罪も無い多くの人々から、大切な食糧や金銀財宝を
マインドコントロールで搾取してはいけません。
結局のところ、やっぱりとんでもねぇ極悪地蔵じゃああるまいか……。

あな恐ろしや、かさじぞう。
略奪地蔵と電波地蔵、貴方はどちらがお好みですか?



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-11-05 20:59 | オカルト
<< 輪廻転生 笠地蔵の謎 >>