五感、六感、セブンセンシズ 第六感
五感、六感、セブンセンシズ 第一感
五感、六感、セブンセンシズ 第二感
五感、六感、セブンセンシズ 第三感
五感、六感、セブンセンシズ 第四感
五感、六感、セブンセンシズ 第五感

ぐたぐたと、若干強引に続いた今回のテーマ。
最後は『サンゲリア』ゾンビでございます。

『サンゲリア』のゾンビのお姿を見ていますと、
なんというかもう、哀れを催すものがあります。

まず、目は確実に見えていないでしょう。
だって無いもの、眼(笑)。
あれで見えていたら、かえって怖い。
(でも見えていそうな動きをするんだよな……。)
目よりは達者なんでしょうが、耳もあんまり聞こえてなさう。
手許も足許もどうにも覚束ないし、
よろよろ、ふらふら、よたよたと漂うように動く姿は、
これぞまさしく、正しきゾンビの姿(笑)!?
(ロメロゾンビはどうしたよ。)

奥様を召し上がっていたゾンビたちなんて、
人間があんなに近付いてきているというのに、
気が付く素振りも無く、黙々と一心不乱に
お食事を続けていらっしゃった。
(どうでも良いが、他のゾンビ映画のゾンビと比べると、
比較的お食事の仕方がお上品だよね、『サンゲリア』のゾンビ。)

そんな、もうどうしようもなく愚鈍な様が、
かえって素敵なんです。愛しいんです(何事!?)。
あぁ、サメと戦っていた彼は、なんだか妙に生き生きとして、
血気盛んな雰囲気が、人間らしかったですが(笑)。

しかし、五感、身体機能の駄目になり具合は、
『サンゲリア』ゾンビたちがダントツでピカ一っぽいです。
見た目もね。古そう。
……意外に浅いところに埋められていたよな、
コンクェスタドールの死体……。


と、いうわけで。
完全なる私の独断と偏見と趣味および嗜好に基づく
「バタリアン≒死霊>ドーン>ロメロ≧バイオ>サンゲリア」論、
これにて終了。

毎度毎度のことながら、
なにひとつ分析も解析もされず、解決もせず、
投げっ放しジャーマンで。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-04-26 23:14 | リビングデッド、もしくはゾンビ
<< 五感、六感、セブンセンシズ セ... 五感、六感、セブンセンシズ 第五感 >>