ゾンビまっしぐら!
わたくしの精神構造のことを申し上げているのではありません(笑)。

周知のとおり、ゾンビは人間を喰うわけですが。
我々人間としては、これは非常に困ったことです。
困ったことどころか、大変憂慮すべき事実です。
由々しき事態です。
あらそうですか、と、甘んじて喰われるわけにはまいりません。
(まあ、なかにはそういう方もいらっしゃるかもしれませんが。)

さて、世の中には、様々な生き物のための食糧があります。
ドッグフードだの、キャットフードだの、ラビットフードだの、
配合飼料だの、肉 骨 粉だの(それはマズイ)。
最近の犬猫どもは、動物のくせに、
人間様並みに良いものを食っておいでです。
(いや、私、類稀なる愛犬家ですよ、念の為。)
○○風味、生○○入り、動物用アイスクリームにビスケット、
奴らも大喜びで食うのですから、相当に美味、
”匠の味”なんでしょう。……奴らにとっては。

と、いうことは。
そんな技術を持ってすれば、ゾンビのための、
ゾンビフードが作れるんじゃないか!?
勿論、味は、”人 肉 味”。
これさえあれば、ゾンビ界の食糧事情も一発解決です。
大規模な製造ラインで大量のゾンビフードを生産し、
充分にゾンビに与えて腹一杯にしてやれば、
人間は襲われずに済み、上手くすれば、
ゾンビを手懐けることもできるかもしれません。
それどころか、人間は、”美味しいゴハンをくれる人”として認識され、
ゾンビたちのほうから、人間を慕ってくるなんてことも考えられます。

いくらゾンビが無尽蔵に増え続けるといったところで、
所詮、彼らは繁殖能力を持たないわけですから、
いつかは必ず淘汰される日が来ます。
大量のゾンビフードがあれば、その日まで、
戦わずとも持ちこたえられるはず!

人肉味のゾンビフードなんて、倫理的にどうなの、
と思う向きもあるかもしれませんが、文字通り、
喰うか、喰われるかの瀬戸際(いや、喰わないが)。
そんな小さなことを気にしてはいけません。
なにも人間を原料にしろというのではありません。
人肉”味”で良いんです。
あくまでも、”味”。
○○風味のドッグフードを作る技術で、
人肉”風味”のゾンビフードを作るだけです。

唯一の、そして、最大の問題は、
ゾンビも納得の人肉味を、どうやって確かめるか、
ということになりますが……。

どうです、ゾンビフード。
良い考えだと思いませんか?



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-03-04 23:47 | リビングデッド、もしくはゾンビ
<< 目指せ、暗黒の塔 ゾンビ大帝 >>