君は美しくも浅ましく
僕はゾンビに恋をした。

彼女は長い金髪をポニーテールにして、
ピンクのワンピースを着てる。
裸足にはいた、ピンクのハイヒールは片方脱げて、
だから彼女は、不恰好にヒョコヒョコ歩く。
ヒョコヒョコ歩くと、ポニーテールとワンピースが
それにあわせてユラユラ揺れる。
顔は中の上ってとこだけど、
とろんとした目と、半開きの緩んだ口が魅力的。
ちょっとばかし目の色が濁ってるのと、
ワンピースの胸元が血みどろなのはいただけないけど、
見なかったことにしてあげる。

ワンピースとポニーテールをユラユラさせて、
ヒョコヒョコ歩いて。

ほら、僕を捕まえた。
緩んだ口が大きく開いて、ガブリと僕に喰らいつく。

ああ、なんて美しい。
ああ、なんて浅ましい。

僕はゾンビに恋をした。


                 退廃的な100のお題:鳥篭/お題配布場所



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-02-06 01:35 | リビングデッド、もしくはゾンビ
<< 救いの手などいらない 僕かあなたのどちらかが壊れるまで >>