喉に突き刺さった三日月
彼はその場に立ち尽くしていた。
一振りの刀を握り締めて。
目の前には、変わり果てようとしている、
旧友(とも)の姿。

ほんの数時間前の出来事。
彼の友人は、奴等の手にかかり、顔の左半分を失くした。
それでも、死に至ることはなかった。
その場では。

今。
彼の友人は、あの忌まわしい奴等、
歩く死人へと、変容しつつある。
皮膚は青みがかってくすんだ土気色に変わり、
干からびて、張りを失っている。
左眼のあった場所には、赤黒い孔が穿(うが)ち、
頬は捲れ、歯と、歯茎も露わに、
残ったほうの唇は弛緩し、
唾液と体液と血液が混じり合って、滴り落ちている。
その液体とも粘液ともつかぬものからは、
早くも腐臭が立ち昇っている。

だが、彼の友人の、残された眼は、
未だ鋭い光を湛えて、ひたと、
真っ直ぐに彼を見つめている。
早くしろと、訴えかけるように。
否、おそらくは、そう訴えかけているのだろう。

彼の友人は、彼に請うた。
俺は奴等のようになりたくない。
だからその前に、お前の手で、俺をあの世へ送ってくれ。
永久に醒めることのない眠りを、お前の手で与えてくれ。

彼は拒んだ。
せめて、お前が息絶えるまで待ってくれ。
せめて、お前を看取らせてくれ。
手を下すのはそれからだ。

しかし彼の友人は、譲らなかった。
駄目だ。
俺の息のあるうちに。
俺が俺であるうちに。
たとえ一瞬たりとも、俺は奴等になどなりたくない。
そんなのは堪えられない。
後生だから、早く、俺を殺してくれ。

それでも、彼は拒んだ。
そんなことは、出来ない。

けれど、どれほど彼が拒もうと、
彼の友人は、赦さなかった。諦めなかった。
ただただ、ひたすらに、殺してくれと、懇願し続けた。

そこで彼は、とうとう承知した。
己の手で、彼の生命を絶つことを。
己の手で、彼に永遠(とわ)の眠りを与えることを。

そして今、彼は、一振りの刀を手に、
横たわる彼の旧友の前に立ち尽くしていた。
そうしてから、もう、長い時間が過ぎている。
彼等に残された時間は、おそらく、ほんの僅か。

遂に彼は腹を決め、心を決め、
その目を固く瞑り、渾身の力で刀を振るった。

刃は彼の旧友の首を、一刀両断に刎ねた。

その瞬間、彼は固く目を閉じており、
だから、それを目にすることは無かったけれど。
月明かりを受けて弧を描きながら、
喉笛を裂き、首を落としたその切っ先は、
さながら、夜空から舞い降りた三日月のように。

美しかった。


                 退廃的な100のお題:鳥篭/お題配布場所



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-02-03 23:02 | リビングデッド、もしくはゾンビ
<< 僕かあなたのどちらかが壊れるまで どうぞ引鉄を引いて >>