ホラー、ヘビメタ、そしてプロレス
突然ですが、ゾンビ映画、ホラー映画好きの皆様に
お尋ねしたい。
ヘビメタは好きですか?
プロレスは好きですか?

あくまでも個人的な感覚として、ですが、
この三者、揃って全部好きな方が多くはありませんか。
素人も、玄人も。

たとえば、ヘビメタ(という言葉、大変に侮蔑的な響きを感じて、
実は大嫌いなのですが)のバンドのライヴで、
ホラー映画やプロレスのTシャツを着た方々を見かける。
プロレスのTシャツを着た方が、
ホラー映画やヘビメタのCD、DVDを手に
レジに並んでいる姿を目にする。
こういったことが多いのです。私は。
ホラー映画のサウンドトラックにヘビメタ満載、
なんてことも、よくありますね。

そんな私も、ホラー、ヘビメタ、プロレス、
皆揃って大好きです。
愛しちゃってます。
R.I.P. Black Cat

では、何故この三者には、共通のファンが多いのか。
私自身に当てはめてみると、「好きだから好き」という、
なんともはや、身も蓋もない回答が
導き出されてしまったりもするんですが(笑)。

それでも、頑張って「好き」な理由を掘り下げていくと、
どれも「格好良い」というところに行き着くような気がします。

そして、なにが「格好良い」のかと、具体的に言えば、
この三者には、必ずといって良いほど、
”ヒーロー”が存在するんです。
……まあ、私にとってのヒーロー、というだけですが……。

ホラー映画の”ヒーロー”は、
『13日の金曜日』のジェイソンや、
『エルム街の悪夢』のフレディ、
『悪魔のいけにえ』のレザーフェイス、
『ヘルレイザー』のピンヘッド、etc.、
(そして、チャッキーはヒーローではない。)
『死霊のえじき』のバブや、『ランド・オブ・ザ・デッド』の
ビッグ・ダディなんかも、私にとっては”ヒーロー”(笑)」。

プロレスの”ヒーロー”といえば、ミル・マスカラス。
(そこかよ!!)
武藤だの蝶野だの三沢だのがヒーローだったことも、
勿論ありました(過去形か)。
ただ、基本的に、私の”ヒーロー”は、マスクマンです。
タイガーマスク、ハヤブサ、ウルティモ・ドラゴン。
マスクマンではないが、ゲームから参戦(笑)の
ウルフ・ホークフィールドなんかも。
実はプロレスにも、レザーフェイスがいますね、こっそりと。
今は昔、WCWのスティングは、
明らかに『クロウ』のクロウ。

そして、ヘビメタの”ヒーロー”。
これはもう、”ギターヒーロー”なんて言ったりするぐらいですから、
言わずもがなでございます。
ファンにとって、好きなバンドは、皆”ヒーロー”でしょう。
私はどちらかというと、純正ヘヴィ・メタルよりは、
ハード・ロック寄りですが。
元PANTERAのダイムバッグ・ダレル(R.I.P.)や
元GUNS N' ROSES現VELVET REVOLVERの
スラッシュなどは、ギターヒーローです。

そうそう、”デス・メタル”なんてジャンルもありますね。
(今はもう無いのか?)
CANNIBAL CORPESのアルバムとか、
ゾンビそのまんまなジャケットで、
思わずジャケ買いしてしまったゾンビ好きも多いのでは。
TOOLのPVも、ホラー風味豊かなクレイアニメで、
もの凄く素敵です。

まあ、そんなようなわけで、私は、
ホラー、ヘビメタ、そしてプロレスの共通点を、
「ヒーローの存在」と、勝手に決め付けます。

ヒーローは、永遠の憧れ。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-01-27 00:51 | リビングデッド、もしくはゾンビ
<< 結果報告 途中経過 >>