それが不安で仕方ない。
毎度毎度唐突ですが、私は肉が嫌いです。
菜食主義者ではありませんが、肉は好みません。

まあ、嫌いといっても、まったく食べられないわけではなく、
出されたら、一応食べます。
食べられますが、できることなら避けて通りたい。
自らすすんで食べたくはありません。

食べるときには、よーくよーくよーくよーく火を通します。
レアのステーキとか、まだピンク色のしゃぶしゃぶとか、
半生の焼肉とか、ちっともそそられません。
美味そうに見えません。
いや、食えと言われれば食いますが。

しかし、生は…………。
馬刺し、牛刺し、レバ刺し、ユッケ等、
これらはさすがに、まとめてご勘弁願いたい。
食って食えないことはないんでしょうが、
……率直に申し上げて、口に入れるのも嫌です。

生ものが嫌いなわけではありません。
魚なら大好きです、刺身も寿司も。
(どうでも良いが、某回転寿司の「トンカツ」とか「えびフライ」とか
「ハンバーグ」、あれはなんなのでしょう。
矢鱈とマヨネーズが乗っかってるし。)

そんな私がゾンビになったら、
やっぱり肉(しかも生)をガツガツ喰うんでしょうか。
というか、肉(しかも生)しか喰わなくなるんでしょうか。
(それ以前に、なんの肉かを問題にしろよ。)

……なるんでしょうね。
そういう生き物(?)になるんですから。

とはいえ、そこには一抹の不安が。
ゾンビになったときに、生前の食の嗜好が残ったままだったら……。

「肉(しかも生)しか喰えないのに、肉(しかも生)が嫌いなゾンビ」

になっちゃったりしないでしょうか。

……もしもそうなったら……。
これは、相当悲惨なゾンビ人生を歩むことになりそうです。
日々、拷問(笑)。

こんな私でも、立派なゾンビになれるのか。
不安で不安で、思わず円形脱毛症になりそうです(笑)。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2006-01-20 01:12 | リビングデッド、もしくはゾンビ
<< 広告に偽りあり ゾンビの帝王 >>