サンタが街にやってくる
クリスマスでございます。
クリスマスがなんの日だったかは、
もはやすっかり忘れてしまいましたが、
クリスマスは、恋人同士がイチャイチャするための日、
……でないことは確かです。少なくとも。

そんなことはさておき、クリスマスといえば、やっぱりゾンビですね。










いや、失礼。
ちょっと飛躍しすぎました。
冗長なのもいけませんが、あまり端折っても宜しくないですね。

クリスマスといえば、ターキー。
日本では、チキンが主流。
チキンといえば、フライドチキン(骨付き)。

フライドチキン(骨付き)を食べる人の姿って、
人間を喰うゾンビの姿に、とてもよく似ています。
もしくは、人間を喰うゾンビの姿って、
フライドチキン(骨付き)を食べる人の姿に、とてもよく似ています。

両手を使って、手づかみで、お肉をムシャムシャ。
お口いっぱいに頬張っていれば、なおのこと。
お口の周りが肉汁で汚れていれば、もう言うことはありません。
(おまえの人生、そんな行儀の悪い人間ばかり見てきたのか。)

そんなわけで、私の頭のなかでは、

クリスマス
  ↓
チキン
  ↓
ゾンビ

と、極端にも程がある連想の縮図が構築されているのです。

クリスマスになると、なんだかもう、
同僚も、街行く人も、すれ違う人も、
皆々遍くゾンビに見えてくる。
KンタッキーFライドCキンは、さながらゾンビの配給所?

ゾンビが街にやってくる。
クリスマスは、ゾンビの季節。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-25 02:38 | リビングデッド、もしくはゾンビ
<< 浪漫飛行 ああああ >>