そこに、ゾンビを感じた瞬間
映画、『パッチギ』にて。
DVDでところどころ観ていただけなので、
ストーリーは殆ど把握していませんが。

冒頭か。
朝鮮高等学校の生徒が、何故か知らないが、
バスを横転させているシーンを目にして、
「あー……、ゾンビみてぇ」
と、思いました。

ええ、もう、そればっかりが、
ただひたすらにそればっかりが、
脳裏にクッキリと焼き付いておりますとも。
あれがゾンビだとしたら、
『ドーン・オブ・ザ・デッド』ばりに、
血気盛んなゾンビですけれども。
しかし、一度そう思ったが最期、これが年貢の納めどき。
なにしろストーリーを把握していないので、
『パッチギ』は、めでたくゾンビ映画として認識されてしまいました。


で、”パッチギ”ってのは、結局、どういう意味なんですか?



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-12-16 20:56 | リビングデッド、もしくはゾンビ
<< 超満員 King of Kings >>