それは、ほんの一瞬の出来事。
私の自宅の本棚には、
(一般的には「悪趣味」と呼ばれるような)
数々の蔵書が煩雑に並んでおります。
ジャンルだの大きさだのタイトルだのといったことは、
あんまり(いや、全然)気にしてません。
せいぜいハードカバーと文庫を分ける程度です。

で、いつだかの引越しに際して、かなりの蔵書を
泣く泣く処分してしまったため、
そうたいして膨大な量でもないのに、
自分が持っている本のタイトルが、
何故か相当把握できていません。

そんな私の本棚に、ある日、こんな本を見つけました。

『ゾンビ解剖マニュアル』

そんな本持ってたっけ、いやその前に、
そもそもそんな本がこの世に存在していたか?

そう思いながら、さて読むか、と本棚へ。

…………無いよ。
そもそもそんな本はこの世に存在しないよ。

そこには、ただ2冊の本が並んでおりました。
『ゾンビ』のノベライゼーションと、
『検死解剖マニュアル』という、2冊の本が。

つまり、隣り合ったこの2冊の本のタイトルが
絶妙に混ざり合い、存在しない本を産み出した、
そんな、ほんの一瞬の出来事。
悲しきぬか喜び。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-10-29 01:10 | リビングデッド、もしくはゾンビ
<< キャッスルロックよ永遠に 限りなくちんけだが、絶対に追求... >>