ゾンビの日記
4
かゆい
うま

もう有名すぎるほど有名な、
『バイオハザード』の、飼育員の日記ですね。

といっても、私はあのテのゲームの操作が
この上なく下手糞で、自分では全くと言って良い程
プレイしていないのですが。
幸運にも、訳あって目にすることができました。
(そんな大層なことか。)

あれは大変な名文だと思います。
『アルジャーノンに花束を』を髣髴とさせる、
文体の壊れ方。

May 16, 1998から、段階的に、
しかし明らかに言語機能と思考能力が
欠落していく様もそうなのですが、
実はその前々日、May 14, 1998の日記から、
ほんの少しだけ、その前兆が伺えます。
そんな気がするだけかもしれないが、
そんな気にさせてしまうのは、
製作者の文才でしょう。

たとえば、May 12, 1998では漢字で書かれていた
「飯」が、「めし」と平仮名になっているのは、
私たちがなにかを書くときに、良くあることだけれど、
思わずあれこれと思いを巡らせてしまいませんか。

ゲーム上では、ページを捲るように
画面に表示されるので、より一層に
この一連の日記の秀逸さが際立ちます。
未見の方は、必見でございます。

いやいや、決してCAPC○Mの回し者じゃありませんよ。

「なにかか崩壊していく過程」って、
何故か、人間の心を揺さぶるものがあって、
殊、人間の精神が崩壊していく過程は、
それが作り物であっても、
私の心を掴んで話さなかったのです。
(……でも「4」てなんだろう。「4」。)

しかしながら、冒頭で申し上げたとおり、
私が自分で『バイオハザード』をプレイしたところで、
どう頑張ってもゾンビ日記まで行き着くことはできないので、
だれかに見せて貰わなければなりません。
……そんな親切な方は、そう多くないので、
久しく現物は見ていない……。

見たいなあ。

かゆい
うま



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-10-08 23:03 | リビングデッド、もしくはゾンビ
<< 他人の空似 古き良き時代 >>