古き良き時代
皆様が「ああ、昔は良かった」と思うのは、どんなときですか?

私はよく、昔はゴールデンタイムにTVで当然のごとく
ホラー映画が放送されていたことに思い至っては、
「ああ、昔は良かった」と、感傷に浸っています。
私の記憶が確かなら(某『料理の鉄人』ではない)、
バタリアンもジェイソンもフレディも、
はじめて見たのはTVでした。
(『バタリアン』の翌日は、クラス中で「脳みそくれ~~~」が
流行っていた……。)

勿論、統計を取っているわけではないし、
『リング』だの『呪怨』だのが民放で放映されているから、
実際には言う程少なくなってはいないのかもしれないが、
感覚として、ホラー映画、特にゾンビ映画は、
TVから追いやられてしまったように思えます。
もっとも、面白いホラー映画が目に見えて
減ったせいもあるのか。

ゾンビなんて、いまどき流行らない?
でも、レンタルビデオ屋に行けば、
今でもB級どころかZ級かもしれないゾンビ映画が
毎月続々とリリースされていたりするじゃないか。

結局のところは、レイティングの問題なんでしょうか。
私自身は、レイティングに引っかかる年齢を
遠の昔に過ぎているから、どうでも良いと言うか、
好きにしてくれというところですが、個人的には、
そんなものはナンセンスだと思っています。

だって、おかしな犯罪は、規制が厳しくなる以前より、
寧ろ増えてるわけじゃないですか。
規制されるような映画を規制前に見て育った人間が、
今、凶悪な犯罪に手を染めているのかと言えば、
そんなこともないだろうし。
大人になってから見たか、規制後に育った人間が
大半でしょ、年齢的には。

……ま、現代人がそこはかとなく壊れてきているのは認めるが。

しかし、べつにここでレイティングの是非を問うつもりは
毛頭無いから、そんなことは放置(笑)。

ただ、昔はホラー映画が今より市民権を得ていたのかな、
と思うと、少しだけ、切なさを感じるという、
それだけです。

無論、今でもホラー映画、ゾンビ映画を愛する人たちは
たくさんいて、決して廃れたわけじゃない。
それでもやっぱり、なんとなく肩身が狭いというか、
大らかな気持ちで「ゾンビ大好き(はぁと)」と言えないのは、
それは、私のケツの穴が小さいからか(笑)。



人気blogランキング
[PR]
by zbeat | 2005-10-08 01:44 | 戯言
<< ゾンビの日記 living dead bites >>